求積図の設定

求積図の設定...」メニューを使って、作成した求積図に計算に必要な属性を割り当てます。

プログラムは、割り当てられた属性に従って面積を算出します。

建築物、敷地、工作物の求積図レイヤ上で求積図を選択して、メニューから「求積図の設定...」を実行すると上のようなダイアロスが表示されます。

項目の詳細説明は、ダイアログ内のヘルプをご覧ください。

各項目を設定してOKボタンを押します。

左側のチェックボックスがオンになっている項目のみ書き換えられますので、複数の求積図を選択して、一部の属性のみ設定することができます。

Tips:「求積図の設定...」は何度も使用するメニューですので、VectorWorksの「作業画面の編集...」でショートカットを割り当てたり、「図形コンテキスト」メニューに登録しておくと作業効率があがります。

求積図には、「AT-求積図」という専用クラスと「AT_DiagRec」というレコードが割り当てられます。どちらも計算に必要な設定ですので、変更しないでください。