座標から敷地を作図

敷地座標が手元にある場合は、ワークシートに座標を入力するだけで敷地形状を作図することができます。

  1. ワークシートに敷地頂点の座標を時計回りに入力します。左の列にX座標、右にY座標を入力します。隣り合った列ならどこに入力しても構いません。

  2. ワークシートの座標が入力されている部分を選択して座標から敷地を作図を実行します。

  3. 作成される敷地境界線の長さの小数点以下の有効桁数は、面積計算の環境設定の「求積図寸法」の設定に従います。

ワークシートを選択しないでこのコマンドを実行すると下のダイアログが表示されます。「敷地座標WSを作成」をクリックすると、新らしく「敷地座標」という名前のワークシートが作成されますので、このワークシートに座標を入力することができます。

「敷地座標」が作られると、「敷地座標WSを作成」ボタンが「敷地座標WSを開く」ボタンに変わりますので、簡単に「敷地座標」ワークシートを開くことができます。